FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雨の日のライディング

 2012-03-21
18日(日)は、今年第一回目のSPA直入ライディングスクールでした!

20120321.jpg

天気は残念でしたが、大きな転倒事故などもなく雨なりに楽しめた一日でございました。



雨の日にバイクに乗るのが大好きだ!

という人はあまり居ないと思いますが、ほんの少しコツを掴めば(それなりに)安全に走ることが出来ます。

コツその① 急ブレーキを掛けない。

その昔、長~い直線後の握りゴケを2回ほどしたことありますが、その時はスタート直後にトップになったため

テンションが上がってしまい、ガッツリとブレーキを握ってしまいました。

あんときは150m位は滑ったなあ~(笑) 

まあ、よいこのミンナは真似しないでねd(・ω・*)ネッ って話です。

いつものブレーキングポイントから、少なくとも50mは手前からゆっくりと握りはじめましょう。

もちろん公道ではいつもよりスピードは控えめにお願いします。

コツその② 急なバンキングをしない

ブレーキと一緒で、急な動きは命取りです。

また、最近のハイグリップタイヤではフロントブレーキを引き摺りながら、フロントサスペンションを

沈ませてコーナーに入っていくことを勧められますが、雨の日はグリップ力が極端に落ちるので

出来れば直線で(直立状態)ブレーキを完了させ、寝かしこむ時には

アクセルをパーシャル気味にあてて入るとバイクが安定します。

コツその③ 急加速をしない

特に大排気量のマシンでなくとも、直線以外でのアクセルワイドオープンは即座にリアスライドを招きます。

大排気量マシンにおいては直立状態でもラフなアクセルワークだとホイルスピンを起こして危険です。

コツその④ 基本に忠実に、決して無理をしない

行きつく所コレになってしまうのですが・・・^^;

とにかく一番大事なことだと思っています。

あと、雨の日に限らないのですが、常に冷静に運転することは凄く大事です。

特にサーキットでは、走る前は頭でわかっていてもコースインした瞬間にすべて真っ白になることは

初心者の皆さんのみならず、誰にも経験があると思います。

心にも走りにも常に余裕を持ってバイクを楽しみましょう!












あ、余裕を見せすぎてよそ見しながら走ったら痛い目にあいますよ(笑)








関連記事
スポンサーサイト
タグ :
コメント
ウェットのフリー走行はほぼ初めてでしたが
思ってたよりはグリップするのに驚きました。しかも、しかもですよ。みなさんは私より遥かに溝少ない系のタイヤなのに…
インストラクターにいたってはウォーマも使わずに走り初めからラインに関係なく抜いて行きますしね。
直入の路面だからですかね?
でも公道はやはり怖いです。
【2012/03/21 22:28】 | 33番の生徒 #- | [edit]
33番の生徒さん>
日曜日はお疲れ様でした。無事に帰りつかれたようでなによりです(^^)
確かにSPAの路面は特別にグリップしますので、公道を走行の際は充分にご注意下さい。
我々は永年サーキットばかり走っていますので、ある程度のペースをわかっているから走れるのです。
慣れや反復練習の効果が最大限に発揮できているから走れるのであって、何か特別なテクニックを駆使していたりするわけではないのですよ(^^)
※校長や西嶋インストのように全日本の現役ライダーさんは別ですが・・・^^;

コメントありがとうございました!
【2012/03/22 10:31】 | 厨房屋 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://msassist.blog45.fc2.com/tb.php/286-b9cc13c8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。